Youtuberとして成功している人は、よくサブチャンネルを作っています。
有名Youtuberであれば、チャンネルが1つしかないということは少ないのではないか?と思うのです。
実際、多くが知っているYoutuberはサブチャンネルを作り、メインチャンネルとは違う趣旨で動画を投稿していますけど、これは全体の再生数を増やすためには効果的なのです。
メインチャンネルのみでもかなりの再生数を稼げるとしても、そのYoutuberのファンはサブチャンネルまでチェックしてくれる可能性が高まりますから。
ファンじゃないような人は気に入った動画しか視聴しないので、どちらかしか見ないということもありえますけど、特定のYoutuberのファンの人はサブチャンネルを作れば、かなりの確率でそっちも見てくれると思います。
つまり、サブチャンネルを作ることで、そのYoutuberのファンがメインチャンネルに加えて、サブチャンネルも見てくれることになるので、全体の再生数は間違いなく上がるでしょう。
だからこそ、Youtuberとして稼ぐにはサブチャンネルも考えると良いですけど、メインチャンネルのチャンネル登録者数がさほど多くないうちにサブチャンネルを作ってもあまり効果的ではありません。
したがって、メインチャンネルのチャンネル登録者数が最低でも5万くらいになってから考えた方が良いと思います。
それくらいになってくると、メインチャンネルをほぼ毎日見てくれているようなファンが割とついている状態と言えるでしょうから、サブチャンネルの再生数も十分に期待することができます。
ただ、サブチャンネルを作ると、そちらのための動画も制作しないといけないので、手間がかなり増えます。
そうなると、メインチャンネルの方の動画のクオリティが落ちる可能性もあるので、そこは気を付けないといけません。
そうなれば、メインチャンネルの再生数にも影響しますから。
メインチャンネルは毎日投稿だが、サブチャンネルは1週間に1回とか、そういった頻度にしているケースもあるので、投稿する頻度を調整して、負担を減らしていくという策も必要かもしれません。
サブチャンネルの運営というのは、少なからずメインチャンネルの運営にも関係してくるので、そういった部分も同時に考えていきましょう。
サブチャンネルはメインほど労力が必要ないような内容のものも多いので、あまり手間を必要としない動画をあげていくというのでも良いと思います。